12号 おすすめ青果のご案内

阿蘇小国郷(熊本県)石松さん「例年より2週間出荷が遅れましたが、スナップえんどうの収穫が始まりました!塩ゆでで食べるのはもちろんですが、天ぷらや塩・コショウで炒めて食べても美味しいですよ!」

島原自然塾(長崎県)荒木さん「私たち島原自然塾では、雲仙普賢岳のふもとの水と緑豊かな島原半島で、土づくりにこだわり、日々、安心・安全な野菜作りに励んでいます。これから、食べ物が傷みやすい時期になりますね。そういう時こそ、殺菌効果があるしょうがは、食中毒の予防に大活躍してくれること間違いなしです。また、暑くなると、冷たいものをたくさんとることで、体内は冷えていきます。こういう時は、生のしょうがではなく、加熱したしょうがを摂ると、身体を温めてくれるそうです。」

ベビーリーフは、小菜菜・レタス・水菜などの、発芽してから10~30日以内の小さな葉っぱを時期に応じて4種類程度袋詰めしています。小さいうちに摘み取るため普通の野菜と比べて、栄養素が凝縮されており、ミネラルやビタミンがたっぷり含まれているといわれています。

風鈴会(熊本県)畦地さん夫妻「最近の異常気象で極端に暑くなったり、寒くなったりと大変ですが、美味しくて、安心・安全なベビーリーフを沢山作り、出荷していきたいと思っています。さつま芋や玉ねぎ、人参、ホールコーンなどと、かき揚げにしても美味しいですよ。是非、お試しください。」

肥後やまと(熊本県)福田さん「私たち肥後やまとは、山都町(やまとちょう)の標高500~600mの高冷地で、ハウス栽培をしています。有機JASを取得しており化学肥料や化学合成農薬を使わず、有機認証を取得した堆肥と肥料を使って栽培しています。収穫はカッターナイフや小鎌で、傷つかないように手摘みしています。豊かな大地の恵みにより、栄養たっぷり元気に育っています。味が濃くしっかりしていますが、主張が強くなりすぎることは無く、サラダはもちろんのこと、ベビーリーフとベーコン少々、玉ねぎ少々を炒めて塩・コショウで味付けして卵でとじてもおいしいです。」

百姓倶楽部八女の郷(福岡県)溝田さん「ベビーリーフは、種をまいて15日~25日で収穫します。品種は、水菜、ターサイなど4種類程度を混ぜ合わせて出荷しています。収穫後、長期保存できる作物ではありませんが、できる限り日持ちするように、毎日作物にとって1番元気な早朝に収穫を行います。ベビーリーフは、若い葉を収穫するので、栄養価が高いといわれています。ここ八女市は山々に囲まれた土地で、ミネラル豊富な水を潅水に使用しています。ぜひ、旨みそのものが味わえるサラダでお召しあがりください。」

11号 おすすめ青果のご案内

詳しくはこちらから↓

丸忠園芸組合(宮崎県)霧島連山の麓、キレイな空気、そして日本百選にも選ばれた美味しい水、生産者こだわりの土を使って、美味しいらっきょうを育てています。今年のらっきょうは、天候に恵まれ美味しく育っています!化学合成農薬を使わないで育てました。粒も大きく、シャキシャキとした食感がたまりませんよ!甘酢漬け・塩漬けにはもちろんの事、タルタルソースなどにも使ってみてください。よろしくお願いいたします。

10号 おすすめ青果のご案内

佐伊津有機農法研究会(熊本県)平野さん「いつもレモンのご利用ありがとうございます。今季のレモンは生育がよく豊作でした。化学合成農薬をできるだけ減らして栽培した安心・安全なレモンです。これからの季節には、冷たい飲み物に搾ったり、から揚げの添え物にもおすすめです。是非ご利用をお願いします。」

アグリネット(熊本県)東さん「アグリネットのレモンは、極力農薬を使用せず、有機質肥料を使い、安心・安全を追求して作ったレモンです。安心してご利用ください。おすすめの使い方は①レモンを6~8等分に切りラップして凍らせて、ウィスキーやハイボール、焼酎の水割りに入れる。②暑い時に特に美味しいのが、冷たい元気くんサイダーにレモンを搾ったレモンスカッシュ!元気がない時、眠い時にもお勧めです。」

島原自然塾(長崎県)荒木さん「私たち島原自然塾では、雲仙普賢岳のふもとの水と緑豊かな島原半島で、『土づくり』にこだわり、日々、安心・安全な野菜作りに励んでいます。季節の変わり目で寒暖の差が大きいこの時期は、体調を崩しがちですね。しょうがにはいろいろな効能・効果がありますが、特に免疫力を高め、病気になりにくい身体づくりにはぴったりです。この場合は生で使うのがいいそうで、細かく刻んだり、すりおろすと効果的です。この機会に生のしょうがをたっぷり使ってみてください。」

9号 おすすめ青果のご案内

島原自然塾(長崎県)酒井さん「私たち島原自然塾は、水と緑が豊かな島原半島で日々、安心・安全な野菜作りに励んでいます。おいしい人参を作るのに欠かせないのは『土づくり』です。連作をせず、堆肥や緑肥を入れてよく耕してふかふかの土にします。また、除草剤や土壌消毒をしないので雑草が伸びますが、1本1本手作業で取り除きます。長い時間と手間をかけ畑で育った人参は、香りや甘味が濃く、とてもおいしいですよ。化学合成農薬も使っていません。免疫力を高めるカロテンは、皮の下に多く含まれていますので、皮のまま使うのがオススメです。よく洗って皮ごとジュースやサラダにして食べてみてください。気になる方は、皮を薄くむいてご利用ください。」

7号&8号 おすすめ青果のご案内

産直南島原(長崎県)山田さん「私たち産直南島原は、20年前に噴火した雲仙普賢岳のふもと、島原半島の南斜面の段々畑で玉ねぎを作っています。過去の噴火でもたらされた火山灰土は、ミネラル分をたっぷり含んだ土です。火山の斜面ですので、畑にするために昔から石積みで段々畑を作ってきました。段々畑は一枚一枚の畑はあまり広くなく、効率は良くないのですが、水はけが良く、玉ねぎの栽培に向いています。また、ミネラル分がたっぷりの畑で、堆肥や肥料を工夫することにより、農薬や化学肥料に頼らない玉ねぎ栽培ができています。この時期の玉ねぎは、とにかく甘みとみずみずしさが特徴です。おすすめは、生のまま薄くスライスしたものを水にくぐらせ、醤油とマヨネーズで!かき揚げも絶品です。ぜひ、旬の味を食卓でご賞味ください」

佐伊津有機農法研究会(熊本県)佐々木さん「春の新玉ねぎは、みずみずしく辛味が少なく甘い玉ねぎです。ぜひ、サラダにして食べてみてください。」

かんたんレシピはこちら↓

https://www.greencoop.or.jp/recipebox/2002-03/

かんたんレシピはこちら↓

https://www.greencoop.or.jp/recipebox/seisansha_osusume_180514-1/

かんたんレシピはこちら↓

https://www.greencoop.or.jp/recipebox/seisansha_osusume_180610-15/

かんたんレシピはこちら↓

https://www.greencoop.or.jp/recipebox/1717-02/

かんたんレシピはこちら↓

https://www.greencoop.or.jp/recipebox/1709-3/

かんたんレシピはこちら↓

https://www.greencoop.or.jp/recipebox/1907-01/

河内晩柑(かわちばんかん)は、別名ジューシーオレンジや和製グレープフルーツと呼ばれています。果汁が多く果肉はやわらかく、さっぱりとした甘さが特長です。これからの季節にピッタリの柑橘です。昨年咲いた花が1年がかりで大きくなったものですので、見かけがよくないものもありますが、なるべく農薬を使わないで栽培していますので、安心してお召しあがりください。大きいものはグレープフルーツのように半分に切って、スプーンですくって食べられます。小さいものはカットしてお召し上がりください。春から7月まで企画予定です。

訓子府有機農法研究会(北海道)「私たちの住んでいる訓子府(くんねっぷ)町は、オホーツク海より40キロメートルほど内陸に入った北見盆地にあります。今回お届けしている玉ねぎは、メンバー4家族で作っております。今季は、5月、6月で病気の発生が心配されましたが、おかげ様でその後の天候に恵まれ、病気の発生も無く、立派な玉ねぎができました。組合員のみなさんの喜ぶ顔を思い浮かべながら頑張っています。まだ、たくさんありますので、私たちの玉ねぎをぜひ食べてみてください。これからも、一層努力してまいりますので、宜しくお願い致します。」

かんたんレシピはこちら↓

https://www.greencoop.or.jp/recipebox/2002-03/

6号 おすすめ青果のご案内

綾菜会(りょうさいかい:宮崎県)松井さん「わたしたちの人参は、堆肥と有機質肥料のみを使用し、化学合成農薬は使用していません。人参が本来持っている栄養、香り、味をもった人参作りに頑張っています。組合員のみなさんとの交流会や試食会等では、人参を洗って皮ごとジューサーで搾った人参ジュースを飲んでいただいていますが、『人参だけとは思えないほど甘い!』と好評です。ぜひ、ご利用ください。」

真南風(まはえ:沖縄県)平安名(へいあんな)さん「沖縄県のかぼちゃは宮古島や石垣島などの離島で栽培をしています。小さな島ですから、常に潮風が大地に吹いていて、畑には海のミネラル分が豊富です。沖縄の旬野菜として最も人気が高いかぼちゃを、どうぞお試しください。」

5号 おすすめ青果のご案内

島原自然塾(長崎県)栗原さん「私たち島原自然塾では、雲仙普賢岳のふもとの水と緑豊かな島原半島で、『土づくり』にこだわり、日々、安心・安全な野菜作りに励んでいます。季節の変わり目で寒暖の差が大きいこの時期は、体調を崩しがちですね。しょうがにはいろいろな効能・効果がありますが、特に免疫力を高め、病気になりにくい身体づくりにはぴったりです。この場合は生で使うのがいいそうで、細かく刻んだり、すりおろすと効果的です。この機会に生のしょうがをたっぷり使ってみてください。」

有機農法すずらん会(北海道)中島さん「広大な十勝平野で土壌消毒、除草剤を使わず、極力少ない農薬使用で大切に育てたバレイショです。毎年変わる天候と向き合いながら、安心・安全、美味しい野菜づくりに日々励んでおります。今の時期のバレイショは、じっくり寝かせているため、掘りたてとはひと味違う甘味を楽しめます。男爵もメークインも、どちらもまだまだ沢山あります。この機会に、ぜひ北海道のおいしいバレイショをご利用ください。」

島原自然塾(長崎県)酒井さん「天候に恵まれ、島原自然塾では、『こだわりの土』で育てた大根が豊作です。甘味もありみずみずしい大根をどんどん収穫しています。すっかり温かくなって、日中は暑いほどです。ごらんのとおり半そでシャツで作業しています。たくさんありますので、ご注文お待ちしています。」

農業塾より
幸福(しあわせ)になる農業塾は、農業を取り巻く環境が厳しさを増していく(高齢化・後継者不足・耕作放棄地の増加など)中、グリーンコープの産直青果生産者とグリーンコープで一生に検討し、農業をやりたいと思う方々の研修と就農の支援を目的に2018年春に立ち上げました。このたび、1年間の研修を経た方々が就農されます。その農業のスタートを「産直農業塾卒業生の野菜セット」の利用をとおして応援していきます。農業を始めたばかりの生産者が化学合成農薬を使わずに栽培した野菜をお届けします。たくさんのご注文をよろしくお願いいたします。

4号 おすすめ青果のご案内

河内晩柑(かわちばんかん)は、別名ジューシーオレンジや和製グレープフルーツと呼ばれています。果汁が多く果肉はやわらかく、さっぱりとした甘さが特長です。これからの季節にピッタリの柑橘です。昨年咲いた花が1年がかりで大きくなったものですので、見かけがよくないものもありますが、なるべく農薬を使わないで栽培していますので、安心してお召しあがりください。大きいものはグレープフルーツのように半分に切って、スプーンですくって食べられます。小さいものはカットしてお召し上がりください。春から7月まで企画しています。

綾菜会(宮崎県)松井さん「みずみずしく、シャキシャキとした歯触りが特徴です。火を通してもシャキシャキとした食感が残るので、鍋やスープはもちろん、チャーハンに入れても、ロールキャベツの要領でロールレタスもいいですよ。継続して出荷を続けられるよう、時期をずらしながら作付けし、11月~5月まで出荷しています。化学合成農薬・化学肥料は使わないで栽培していますので、安心してお召しあがりください。」

産直南島原(長崎県)井上さん親子「昨年末から暖冬になったため、レタスの生育が予定より早く進んでいます。悩みが尽きない今日この頃ですが、皆さんの食卓に安心・安全、そして美味しいレタスをお届けできるように、日々頑張っています。暖かい冬だったこともあり、雑草の生長も早く手作業の草取りが一番苦労しましたが、手間ひまかけた分きれいなレタスができるのでやりがいがあります。レタスは生で食べても美味しいですが、ぜひ熱を通してどうぞ!豚肉と一緒にレタスしゃぶしゃぶや、ロールキャベツのレタス版はいかがでしょうか。お試しください。」

有機農法すずらん会(北海道)「広大な十勝平野で土壌消毒、除草剤を使わず、極力少ない農薬使用で大切に育てたバレイショです。毎年変わる天候と向き合いながら、安心・安全、美味しい野菜づくりに日々励んでおります。今の時期のバレイショは、じっくり寝かせているため、掘りたてとはひと味違う甘味を楽しめます。メークインはしっとり甘味があり、煮崩れしにくいので、カレーや肉じゃが、フレンチフライにおすすめです。メークインも男爵も、どちらもまだまだ沢山あります。この機会に、ぜひ北海道のおいしいバレイショをご利用ください。」

訓子府有機農法研究会(北海道)「私たちが住んでいる訓子府(くんねっぷ)町は、オホーツク海より40km程内陸に入った北見盆地にあります。今回お届けしているレッドオニオンは、メンバー2家族で作っております。今季は、おかげ様で天候にも恵まれ、たくさん収穫できています。組合員のみなさんが、喜ぶ顔を思い浮かべながら頑張っています。私たちのレッドオニオンをぜひ食べてみてください。これからも、一層努力してまいりますので宜しくお願い致します。」

3号 おすすめ青果のご案内

宗像生産者グループ(福岡県)白石さん「春キャベツは、この時期しか食べられない、葉がやわらかく、軽く巻いた小ぶりのキャベツです。生でサラダにどうぞ。キャベツは加熱すると甘味が増すので、スープやいためものには、キャベツがオススメです。」

綾菜会(宮崎県)松井さん「香り、風味が良く、柔らかいごぼうです。火のとおりが早いので、さっとゆがいてサラダにしたり、スープや味噌汁に入れても柔らかくて、おいしいですよ。写真では葉が枯れて何も見えませんが、サラダごぼうは地中で元気にしています。化学合成農薬や除草剤・化学肥料は一切使用していませんので、安心してご利用ください。」

肥後七草会(熊本県)田辺さん「寒い時期に、時間をかけて育ちましたから、美味しさが違います。ぜひ食べてみてください。ミディトマトは甘味と酸味のバランスがよく皮がうすいので、丸かじりするのもおすすめです。」

農業塾より
幸福(しあわせ)になる農業塾は、農業を取り巻く環境が厳しさを増していく(高齢化・後継者不足・耕作放棄地の増加など)中、グリーンコープの産直青果生産者とグリーンコープで一生に検討し、農業をやりたいと思う方々の研修と就農の支援を目的に2018年春に立ち上げました。このたび、1年間の研修を経た方々が就農されます。その農業のスタートを「産直農業塾卒業生の野菜セット」の利用をとおして応援していきます。農業を始めたばかりの生産者が化学合成農薬を使わずに栽培した野菜をお届けします。たくさんのご注文をよろしくお願いいたします。